ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

【ZOZO】服のおまかせ定期便終了へ 不採算事業だったことが原因?

ごきげんよう、ことりです。

夜勤勤務中の朝は無意味にモーサテクイズに参加するのが趣味です。

( *`ω´)仕事しろやー

 

ゾゾの服が入った箱のイメージ画像。

今日の話題

 

ZOZOが服のおまかせ定期便のサービス終了すると発表しました。

詳細は以下より。

http://zozo.jp/news/20190322_171161.html

 

おまかせ定期便サービスの概要としては、利用者の体型データを元に、アパレル経験豊富なスタッフが服をコーディネートします。

 

選んだ服は利用者の元に送られます。

利用者は気に入った服だけ選んで買い取り、残ったものは返送します。

 

  • 服をプロが選んでくれる
  • 気に入らなければ返送していい
  • 定期的に来るので、服を選びに行く時間がなくてもよい

等のメリットは大きそうでした。

 

身近に広がる、便利なサービス…が。

実際、私のヨメも利用しています。

子育てをしているとじっくり服を選ぶ暇がないので、非常に重宝しているようで、今回のサービス終了は残念でなりません。

 

さて、このサービス終了の理由は非正規雇用社員の雇い止め、

つまり採算がとれないための人件費削減が原因であると言われています。

 

服のお任せ定期便は画期的なサービス!でした・・・。

おまかせ定期便のサービスは画期的でメリットの多い仕組みだとは思います。

 サービス開始当初は人気すぎて到着までだいぶ時間がかかった様子。

 

実際、ヨメが申し込みしたときは最初の到着まで1ヶ月かかりました。

 

しかしこれだけ画期的で人気のあったはずの服のお任せ定期便は、

わずかサービス開始一年で終了することになりました。

 

これだけ話題になっても終了してしまうのは、

やはり採算がとれないためと考えてよいでしょう。

 

ヨメに聞いたところ、1ヶ月に1回送られてくるコーデセットの中で、

実際に購入するのは1品あるかないかだそうです。

 

ユーザー側でかかる費用は1回たったの200円だそうで、

服を買ってもらえないと、人件費や輸送コストがみるみる膨らんでいくことでしょう。

 

せめてコーディネーターの代わりにAIが服を選んでくれるサービスであれば、

人件費は抑えれたのかもしれません。

しかしそれだと根本的にサービスのウリがなくなってしまうんですかね。

 

それでも服を選びにいく時間の無い子育て世代真っ只中のヨメにとっては

服を選ぶ貴重なチャンスだっただけに非常に残念です。

 

 

大人気サービス!と思われていても突然終了してしまうリスク。

 

結果として人気サービスであった服のお任せ定期便はサービスを終了します。

 

そして、このおまかせ定期便サービスに関係した方々は、

ひとつの仕事を失ったことになります。

 

最悪の場合、無職になり収入がなくなるのです。

 

服のお任せ定期便のような、ユーザーには大人気なサービスでも、

企業が不採算と判断すればあっさりと無くなってしまう時代です。

 

労働は、経営者の判断でいつなくなるかわかりません。

収入の柱を労働一本にするのは、自分の体という一つの資本に依存することであり、

非常に高いリスクと言えるでしょう。

 

副業、投資といった、収入の柱を増やすことはこの先とても大事なことなのです。

自身の人生を少しでも豊かにするためには、お金について学び、自分で身を守ることが必要なのです。

 

 お金の勉強のいつものやつ。

www.smallbird.work

 

 

(´・ω・) おまかせ定期便やってみたかったなあ…。