ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

個別株投資と投資信託とは

ごきげんよう、ことりです。

 

昨日はアクセス数が妙な増えてるなーとおもっていたら

ヨメが見ていました。

 

隠してはいなかったんですけど、

いざ見られると自分の丸裸を見られてるようで恥ずかしいものです。

 

今日の本題

今回は株式投資について

実際に何に投資していくか話していきます。

 

株式投資はどんな種類があるの?

 

株式投資には

が主な投資先になります。

 

名前を聞いたことはあるかもしれませんが、

投資は自分が何に投資するか知っていることが必須なので、きちんと覚えておきましょう。

 

株ってそもそもなあに?

学研の学習教材みたいな話になりますが、

そもそも株ってなあに?って話から。

 

トヨタ」や「日立」など、誰でも知っている企業から、従業員何人の小さな企業まで、株式会社と名がつけば、株を資本として事業を行なっています。

 

企業は株を発行し、それを株主に買ってもらうことで資金を調達しているのです。

 

そのために、会社で一番偉いのは

スポンサーである株主になるのです。

 

さて、株を持っていると得られる利益には

があります。

 

以下、それについて見ていきましょう。

 

キャピタルゲインとは?

 

株には決まった値段はありません。

欲しい人が多ければ値段が上がり、

欲しい人がいなければ下がります。

 

株の値段は需要と供給のバランスで

決まっていきます。

f:id:fereshte:20190317080049j:image

一般的に企業の業績がよければ

株価は高くなりますし、逆もしかりです。

 

株価が上がったところで売ることができれば

その差額が利益として手元に残ります。

 

これを、キャピタルゲインといいます。

テストに出るのでよく覚えておきましょう。

 

インカムゲインとは?

 

株を所持していると

その所持割合に応じて配当がもらえます。

 

配当には

があります。

f:id:fereshte:20190317080134j:image

配当分配金は単純に、

持っている株数×一株あたりの配当

の現金が口座に入金されます。

 

単純に、持っている株数が多いほど、

配当金は多く配られます。

 

後者の株主優待は、日本の投資家に

非常に人気があります。

 

例として、ことりの場合は

ビックカメラに行くことが非常に多い

ため、ビックカメラの株を所持しています。

 

最低取引数の100株持っていると、

(2年以上保持で)5000円分のビック商品券が貰えるので、それなりにありがたい制度です。

 

配当金や株主優待は、

企業があげた利益から株主に還元されます。

 

この制度は必須ではないので、

配当を出すも出さないも、

企業の裁量で決まるのです(重要)

 

企業の業績が不振になると

いともあっさり配当が無くなったりします。

 

以上のように、株を所持しているだけで得られる利益を、インカムゲインと呼びます。

これもテストに(ry

 

個別株投資とは?

株式投資とは?と聞かれてほとんどの人がイメージするのはこちらです。

 

その名の通り、個々の会社の株を買って投資する方法です。

 

証券会社で取引されている株を選び、

お値段がいくらで売ってるか確認して、

買いたい数を買います。

 

スーパーでバナナ買うのと感覚は同じです。

f:id:fereshte:20190317075951j:image

大事なのはそのバナナの中に

  • 美味しいバナナがある
  • 割高または割安のバナナがある
  • 熟れすぎて中が黒ずんでいるバナナがある

と様々な商品が存在し、

投資家たちは安くて美味しいバナナを探して

今日も相場を漂っているのです。

 

個別株投資のリスク

この個別株投資は

ハイリスク、ハイリターンであることを

覚えておきましょう。

 

株は企業が低迷すれば価値は下がっていき、

ついには倒産すれば、価値は無くなります。

 

国内最強の優良株と呼ばれた東京電力

が、かの東日本大震災

紙屑同然になったのは

まだまだ記憶に新しいところです。

f:id:fereshte:20190316152521j:image

上図は東京電力の株価です。

2007年には一株4330円の値をつけた株価は

リーマンショック東日本大震災を経て、

 

一株122円になりました。

たった5年で価値が3%です。

 

こんな話を聞けば

株怖いから貯金でいいや

と思うのも当然です。

 

…が、貯金だけ!はとってもハイリスク! - ことりパパの育児とお金の話でお話しした通り、貯金だけでは非常に危険となる世の中なのです。

 

投資信託とは?

投資信託はくだけた言い方をすると

個別株のまとめ買いです。

 

個別株がハイリスクハイリターンなのに対し、

投資信託ミドルリスクハイリターンくらいでしょう。

 

先ほどのバナナで例えると、

  • ドール
  • スウィーティオ
  • 完熟王

のバナナがあったら、

それぞれを一本ずつ買えるのが投資信託です。

 

投資には、有名な格言で

「一つのカゴに卵を盛るな」

という言葉があります。

 

リスク分散が大事ですよってお話です。

 

投資信託は、ちょっとずつ色んな株を購入することで、リスクを大幅に減らすことができるのです。

 

投資信託の問題点

こうして聞くと、投資信託はリスクが少なくて

良さそうな気がするのですが、大問題があります。

 

投資が「危険である」その理由 - ことりパパの育児とお金の話でも少しお話ししましたが、

 

投資信託の99%はぼったくり

ということなのです。

 

投資信託そのものは、リスクを分散できる

素晴らしいシステムです。

 

投資信託を運用しているのは

銀行や証券会社ではなく、

 

ファンドと呼ばれる運用会社が扱っています。

 

投資信託の最大の問題点は

投資家が投資信託を購入する際に、

 

銀行や証券会社の余計な仲介が存在して、

手数料や利益を中抜きしていくこと

なのです。

 

投資信託を選ぶ際は、

特に手数料を確認してから

購入する必要があります。

 

なお、銀行や証券会社の窓口で勧められる

投資信託は基本的にぼったくり商品なので、

説明を聞くだけ時間の無駄でしょう。

 

まとめ

  • 個別株も投資信託も根本としては同じ資産である。
  • 投資信託はリスクを分散できる。
  • ただし投資信託はぼったくりの巣窟なので買うときは吟味する必要がある。

となります。

 

とりあえず、この記事を見ただけで株式投資を始めないでください。

 

ことりのオススメの投資商品はありますが、

最低限の株式投資の知識は身につけておきましょう。

 

それでは、また。