こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




オススメする証券会社 楽天証券の話。

f:id:fereshte:20190313072830p:image

一昨日のブログ閲覧数は1。

昨日のブログ閲覧数は3。

 

閲覧数が3倍だ!

 

ごきげんよう

シャア専用ブログの管理人ことりです。

 

本日は新しく株式投資をする際にオススメする

ネット証券会社を紹介します。

 

まず結論から。

ことりのオススメ証券会社は

です。

 

サクソバンク証券は、今現在(2019年3月現在)オススメするものではないのですが、

今後期待のできる証券会社として名前を挙げています。

こちらは別の記事で紹介します。

 

今回は、楽天証券から見てみましょう。

 

楽天証券SBI証券の比較

楽天証券と、SBI証券は、

現在のネット証券の主流であり、

 

投資を始める人は殆どがこの二社から始めていると思われます。

 

この二社のネット証券会社は

  • 使いやすいUI
  • 安い手数料
  • 幅広い取り扱い商品

の利点は共通しており、

上記特徴では差別化できません。

 

ではなぜこの二社を比較した時に、

楽天証券をオススメするかと言えば

 

ひとえに楽天市場楽天スーパーポイントなど

楽天が運営する他のサービスによく連動しているからです。

 

楽天証券の利点とは?

ご存知の通り、楽天は証券会社だけでなく

等々あげればキリがないほどのサービスを

提供していますが、

そのどれもを同社の他のサービスと連携させているところに強みがあるのです。

 

今回の楽天証券の強みは、

  • 楽天カードで積立投資を払うと1%のポイント還元がある。(5万円まで)
  • 楽天ポイントを積立投資に使える。
  • ポイントを使った投資をした月は、楽天市場のポイント還元が+1倍になる。

と、強烈なシナジーを生み出しています。

 

つまり、積立投資を行った時点で1%の利益が出ていてさらに再投資が出来て複利を狙える定期預金の金利が裸足で逃げ出すレベルです。

参考リンク定期預金は過去の遺物です。 - ことりパパの育児とお金の話

 

正直な話、ことりは普段の生活で

楽天は利用していなかったのですが、

 

楽天証券で投資を始めた今は

マック、ミスド、プロントなどに行くときに

コツコツとポイント貯めています。

 

貯めたポイントは、積立投資に

自動で使用される設定になっているので、

 

自分で何かをすることなく、

  • 自動積立投資
  • 自動引き落とし
  • 自動ポイント投資

のサイクルが毎月行われています。

 

はっきり言うと、月5万円までを投資の目的とする人なら、これで完結します。

 

強いて注意点をあげるなら、

  • 半年に一回、投資状況をチェックする。
  • パスワードを忘れないようにする

ことに気をつけるくらいでしょうか。

 

ではSBI証券はというと

SBI証券も同様に、投資信託の積立額の割合に応じてSBIポイントをもらえ、

Tポイントやnanacoポイントに変えることができます。

 

更に2019年春に、

Tポイントでの投資が始まるようです。

これは朗報ですね。

 

ただし、SBIポイントの獲得量が

ことりがオススメする投資信託を所持した場合

 

所持投資信託の0.03%〜0.05%です。

1000万円積み立てて

やっと3000〜5000ポイントなんですよね。

 

楽天証券で積立を行えば、

年60万円の積立で、6000ポイントを獲得できるので、初年度からお得なのです。

 

普段からコンビニの買い物が多く、

Tポイントを貯めやすい環境の人ならばよいかもしれませんが、それなら

出費を抑えてその分投資しましょう。

 

SBI証券楽天証券に劣っているわけでは

決してないのですが、

 

楽天証券楽天グループの一環として、

うまく循環できる形になっている点で、

一歩優っていると言えるでしょう。

 

まとめ

2019年3月現在、

投資を始めるなら楽天証券で間違いないです。

 

株式投資に重要な

  • サイトの使いやすさ
  • 十分な取り扱い銘柄
  • 積立投資with楽天ポイント

と隙がありません。

 

強いて欠点をあげるなら

自分のIDを自由に決めれない

くらいでしょうか。

 

ただし、ネット証券会社の競争は年々激化しており、各社どんどんと有利なサービスを展開しています。

 

株式投資を始める人は、

常に新しい情報を集めることも重要ではないか

と思うことりでした。