ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

火災保険は必須ですよ!

 

ごきげんよう、ことりです。

ムスコに夕飯なにがいい?って聞いたら、

返ってきた答えはマックでした。

まぁ…楽だけどね…うん。

 

f:id:fereshte:20190227223117j:image

ついやっちゃうんDA☆

 

今回は火災保険について。

賃貸でも持ち家でも、入ることが義務になっていることの多い保険です。

 

火災保険ってそもそもなに?


火災保険は、火災にあった時に、一戸建てやマンション、ビルなどの建物と、家具を補償します。

火災保険は「建物」は基本的に入ることが義務付けられていることが多いですが、「家具」は別途オプションとして入ります。

 

火災保険はなぜ入るのか?

基本的に必須の保険です。

賃貸物件は火災保険に入ることが入居条件の方が多いですし、持ち家でもほぼ必須でしょう。

 

火災保険は、自分で起こした火災だけでなく、

  • 隣家の出火のもらい火
  • 風災、落雷、豪雨等による自然災害
  • 破損、盗難などの被害
  • 水漏れを起こしてしまった時の階下の建物への補償

などなど…。

 

これらは、被害の額が大きいのが特徴です。

 

さらに、火災保険には個人賠償特約などのオプションをつけることができます。

 

これは、同居している家族も対象に含めることができ、例えば

  • 他人に怪我を負わせてしまった時
  • 他人のものを壊してしまった時
  • 線路に立ち入って電車を止めてしまった時
  • 借りていたものを盗まれた時

など、幅広い事例のことを、最大で1億円補償してくれます。

 

これらは、万一のことがあったときに

破産しうる金額です。

そして、この状況を防いでくれるのが火災保険です。

 

火災保険の相場は?

 

地域、建物の規模、特約の有無で大きく違います。

参照までにことりの選んだプランをご紹介しておきます。

 

東京海上日動火災 すまいの保険

 

10年契約、補償額900万円(70㎡↑)

火災、風災、盗難水濡れ、破損等

(破損のみ自己負担5千円、他は0円)

個人賠償特約1億円(自己負担0円)

家財補償なし

 

払い込み金額…40400円

 

補償の割に年間4000円のお安さです。

(家財に保険を入れると高くなります)

 

万一の時に破産しうるリスクを低額で保証する、これが正しい保険の姿だと思います。

 

ただし、注意が…

 

火災保険は、地震による火災と津波には適用外です。

これは、地震保険の範囲なので、火災保険ではカバーできません。注意です。

 

また、賃貸契約の際に不動産屋が火災保険のチラシを持ってきて、

 

「これ必須だから入ってくださいね」

と言わんばかりの状況ですが、

 

 

火災保険は入ってさえいればどこの保険でも自由です。

 

不動産屋の持ってくる火災保険は、

不動産屋にマージンを渡すかわりに高く設定してある

ことがあるので、ネットで見積もりを取ることをおすすめします。

 

ちなみに、ことり家の火災保険は

2年で2万円でした。

 

知っていれば、もう少し安くできましたね…。

 

無知は罪なりを胸に刻みつつ、ことりは今日もマネーリテラシーを磨くことにします。

 

うさぎさんとかめさんの話

次→地震保険はいらない子 - ことりパパの育児とお金の話

前→医療保険の話〜八大疾病補償は必要なし!〜 - ことりパパの育児とお金の話