こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




9月の配当はおよそ5000円!(丸太2.5本分)消費税増税に文句言うより不労所得を増やしましょう。

2019年9月もありがたく配当金をもらいました。もらった5社の企業と額は以下のようになり、合計額は47.84$、1$108円として約5000円の配当金となりました。

f:id:fereshte:20190930232846p:plain

ブログ収入もそうですが、こうしてお金に働いてもらって収入を少しでも増やせることは、資産を増やすことにおいて重要だとひしひしと感じております。

今年1月から受け取った配当金はおよそ2万5千円。年内は4万円に届くか届かないかといったところになるでしょうか。

もちろん運用益もあがっていますが、配当金を受け取るのはまた違った嬉しさがあります。農家が自身の育てた作物を収穫して手に取るような、そんな我が子を抱くような感じと言って伝わるでしょうか(伝わらない)

消費税増税を悔やむより、不労所得の増加を狙おう

2019年10月より消費税増税により8%から10%に上がりました。これにより家計はまた一層厳しさを増します。

日本FP協会が、全国の20~60代の男女を対象に調査した「消費増税と家計の見直しに関する意識調査」によりますと、消費税増税に伴い起こる変化の代表例は以下の通りでした。

  • おかずの品数が減ると思う…56.2%
  • ランチ代を減らそうと思う…37.4%
  • 夫のこづかいを減らそうと思う…44%

o-uccino.com

なんという悲しい結果でしょうか。生活の質にかかわる食事のクオリティから削られたり、稼ぎ頭であるはずの夫の小遣いがまず削られようとしています。

そもそも消費税の影響はどの程度に及ぶのでしょうか?我が家の場合でざっくり試算してみます。

www.smallbird.work

こちらは私の7月の家計簿です。この中で消費税増税の影響を受けるのは、

  • 趣味・娯楽
  • 交通費
  • 教養・教育
  • 水道・光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • 食費の一部(我が家は食費の中に生活用品が含まれている)

すごくざっくり計算してしまえば、月に7万円程度、妻の出費と合わせても10万円いけばよいところでしょう。

よって月に10万円の支出に対し10%の消費税が適用されるので、月に負担する金額は2000円、年間で24000円となります。

この24000円を節約するために、おかずを一品減らしたり、夫のこづかいを下げることが果たして正しい増税対策となるのでしょうか?

f:id:fereshte:20191001234638p:plain

もちろん無駄遣いは控えましょう。

 

先に挙げた通り、私がこれまで受け取った配当金は2万5千円となり、配当金だけで十分に消費税増税分をペイできています。私の現在の投資金は250万円程度なので、どの家庭でも十分に投資できる可能性のある金額です。

もちろん投資はリスクのあるものですが、お金を眠らせたまま消費税増税によってただ失ってしまい、生活レベルを下げるのはあまりにもったいありません。

投資をしてお金を動かし、消費税増税を上回るような金額を得ることの方が生活レベルを下げるよりはるかに有用ではないでしょうか?

給料も下がる、ならば不労所得を増やすのみ

さて、私の勤める職場の給料はほぼ全職員、全年齢を対象に下がる可能性が濃厚です。

私の世代は一番被害が少なく、月3000円程度で済むようですが、それでも年収5万円(手取りで4万円弱)下がると思えばやぶさかではありません。
www.smallbird.work

一方で、この下がる分の手取りも、今年度の配当金でほぼプラマイゼロになります。給料が下がるとただ嘆いて会社に訴えかけるよりも、いま得ているお金で何をするべきか、をきちんと考えることから始めねばなりません。

 

この丸太を買うんじゃぁぁ!

このオチいるんですか?

もちろん得た配当金は必要なものを買うために使ってもよいのです。

もしあなたが吸血鬼のいる島に渡ろうとするのであれば、丸太を買ってもいかがでしょうか?配当金が5000円もあれば、丸太を2本買ってもまだおつりが出ます。

f:id:fereshte:20190901005642p:plain


彼岸島X Blu-ray《完全予約限定生産》

ちなみに丸太は1本2000円です。

www.smallbird.work

 

消費税増税の損失を埋めるにも、給与減の痛みを和らげるにも、吸血鬼を倒しに行く丸太を買い付けるためにも配当金は有用です。 

リスクのある株式投資ですが、少額からでもいいので配当金を得る最も簡単な方法の一つです。収入の柱を増やすことで、生活に係るリスクを減らしていきましょう。

心の支えである皆様の応援、嬉しいです!これからも下のミニこトリさんをポチポチおねがいしまっす٩(ˊᗜˋ*)و

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング