こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




すごいカード相談所に寄稿しました!米国株投資についても少しだけ紹介できました。

「すごいカード相談所」様から寄稿のご依頼を受けて記事を寄稿いたしました。

今回は「お金とわたし」というテーマについて3000文字程度で考えるというお話をいただいた次第です。

寄稿した記事はこちらにありますので、ご覧いただければ大変うれしく思います。

sugoi-card.com

お金について悩んだきっかけから、実際に改善した内容、そして米国株投資の重要性についてまとめてあります。

今回の寄稿について

前回寄稿依頼をいただいたのと同じく、「問い合わせ」からご依頼をいただきました。

こういった弱小サイトにも寄稿のご依頼をいただけるとは、窓口を作っておく重要性を改めて感じる次第です。

www.smallbird.work

ご依頼内容はこんな感じでした。

  • 記事の文字数…2000字~3000字
  • 書く内容…「お金とわたし」をテーマとする
  • 納期…2週間程度
  • 報酬…〇円×文字数
  • 納品方法…ワードパッドで納品(こちらからの希望)

いいかげんオフィスいれたらどうなんですかねえ(*´ー`*)

f:id:fereshte:20190929192207p:plain

「お金とわたし」といったお題だったので、おっ、得意分野だから楽勝じゃ~んと思っていましたが、意外と苦戦しました(笑)

当サイトの読者様ではないので、

  • 初めてみた方にも背景がわかりやすく
  • 専門的な話は出来るだけ避けて(特に投資について)
  • ギャグに走らない(最重要)

以上の3点について気を付けていると、意外とテーマ選定が難しい…と難儀した次第です。

特にこういう記事を書いてはいけないってことですね。

www.smallbird.work

いつもながらこうして人とお仕事をするのは緊張します。

担当者様とのご依頼を受けるにももちろん、記事も普段より相当に気を使って書きますし、今回は契約書なんてのも発生しました。

つい「だぞい」とか言わないようにも注意しました。

わからないことがあるたびにググって調べたりしつつ、なんとか納品、そして公開までこぎつけたのは、担当者様が丁寧に対応してくださったからであり、心より感謝申し上げます。

内容的に3000文字とキツキツだったのですが、米国株投資についても触れています。内容としてはGPIFの運用を引用し、米国株式という選択肢があること、長期投資が重要であること、つみたてNISAなどの制度があることについて触れています。

GPIFのポートフォリオは上記のように国内債券、外国債券、国内株式、外国株式で構成されており運用益3%と好調な運用成績を維持しています。

例えば米国株式100%ならもっと運用益が伸びるのでは?と思われますが、米国株式比率が多いと、時価総額の変動が大きい、為替リスクが大きくなるといった欠点が顕著になります。

長い目でみれば一番運用益を伸ばせる可能性の米国株式ですが、私のような少額で投資を行っている個人投資家ならいざ知らず、GPIFのように巨額の投資になると出来る限り変動(リスク)を少なくした運用が求められるでしょう。

GPIFの運用は国民の年金の一部を利用して運用しています。長期投資を知っている方ならば、一時的な損失はむしろ買い増しのチャンスであることを理解できますが、投資をしないほとんどの方はごく一部だけを切り取って巨大赤字!株は危ない!という結果に達してしまいます。

以下の記事もいかに投資を理解していない人間が書いているかよくわかります。長期投資で一時的な含み損に陥ったとしても利益確定をしない限りそれは損失ではなく、割安で投資商品を買えるチャンスでしかないという長期投資の基本を理解していません。

seniorguide.jp

今回寄稿した記事ではそこまでお話は出来ませんでしたが、この記事を読んでいただいた方が少しでもお金について考え、投資の重要性を考えるきっかけになれれば幸いかと思います。

今回寄稿した記事の内容をもう一度まとめておきます。

お金とは自由の選択肢を増やすもの、そしてそのためには家計の改善や資産運用を学ばなければいけないこと。そのことがお読みいただいた方に少しでも伝わればと願っております。

sugoi-card.com

 

心の支えである皆様の応援、嬉しいです!これからも下のミニこトリさんをポチポチおねがいしまっす٩(ˊᗜˋ*)و

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング