ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

成年引き下げ18歳で変わるお金事情!大人もお金の知識が無いのに大丈夫なの…?

2022年より成人年齢が引き下げられて18歳が大人と定義されるぞな。
それに伴い出来ることが変わってくるので、お金事情についてまとめておくぞい(*´ω`*)

ãå業証æ¸ãæã£ã袴女å­ãã®åçï¼»ã¢ãã«ï¼æ²³æåæ­ï¼½

私…大人になります!

 

18歳以上が大人に!140年ぶりに変わる大人の定義

2022年4月より、成年を迎える年齢が18歳に引き下げられます。

www.gov-online.go.jp

これにより18歳ができることについて様々な変更がありますが、今回はお金についての重大な変更を下記に挙げておきます。

  • クレジットカードを作る
  • 賃貸物件を借りる
  • 住宅ローンを組む
  • 携帯電話の契約をする
  • 消費者金融を利用する
  • 未成年者取消権を行使できなくなる

 おとなドリルの話でもした内容ですね。

www.smallbird.work

 

その一方で喫煙や飲酒、競馬や競輪などのギャンブルは現行の20歳のままです。

身体的、精神的に強く影響を及ぼすものは18歳ではまだ早いと判断されているようです。

しかし、こと金融感覚に関しては18歳から大人になることが求められるようです。しかし、そもそも大人でもお金の知識がなく問題を抱えている人が多くみられるのに、成年年齢を引き下げてトラブルになるような事を増やすことに問題はないのでしょうか?

クレジットカードのトラブル

例えば、年々増えていくリボ払いのトラブル。

リボ払いは支払額が一定という根拠のない「安心」を売る一方、異常に高い手数料を利用者に負担させる悪質な支払い方法です。

しかし、金融会社としては非常にお金になる商品のため、積極的に売り込んできます。何も知らない利用者は月々定額の返済という良い部分だけ見せられて手数料と言う負の部分を見ずにリボ払いを選びます。

更に悪質なことに、自動的にリボ払いにしてしまうという商品も登場するなど、リボ払いに関してのトラブルは年々増加する一方です。

ããªãæã ãã©ãã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

style.nikkei.com

成年年齢が18歳に引き下げられることで、このリボ払いなどを代表としたクレジットカードのトラブルも増加することでしょう。

 

住宅ローンのトラブル

結果的に巨額の借金を背負うことになる住宅ローンも18歳から組めることになります。住宅ローンは現在は金利がかなり低く、借りるリスクは下がっているもののやはり巨額の借金であることに疑いはありません。

住宅を販売する不動産会社はそうした借金と言うことよりも、賃貸よりも住宅ローンを組んで新居を購入した方が、月の支払いは楽だというメリットを強調して販売を行っています。

まぁ、何も考えず家を買ったお前が言うな(おまいう)と言われればそれまでなんですが。

www.smallbird.work

こうした非常にリスクの高い住宅ローンも成年年齢引き下げにより18歳から組めることになります。

住宅ローン破綻についての明確な統計はありませんが、おおよそ100~200件に一件は起こっていると言われています。

allabout.co.jp

こうした事情の背景には加速するリストラ、終身雇用の破綻等の日本の働き方の大きな変化が起因しているでしょう。
返済が30年以上と長期にわたる住宅ローンは終身雇用を前提に成り立っているものであり、40代のリストラが増加している昨今では住宅ローン破綻は増加していくとみて間違いはないでしょう。

www.smallbird.work

未成年者取消権の削除

これまでは20歳未満の未成年者の契約であれば、「判断力が不十分である」ことを理由に契約を取り消すことが認められてきました。しかし、成年年齢が引き下げることにより18歳以上の契約はこの取消権が無くなります。

www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp

お金に対する責任が非常に大きなものになり、下手をすれば20歳にならずして借金生活を送る可能性も出てきます。

例え10代と言えども莫大な損失を被ることを考えると、行動に対して大きな責任が伴うことでしょう。

 

大人でさえ巻き込まれるお金のトラブル。子供には金融教育をしてあげたい。

残念ながら日本の金融リテラシーはまだまだ低く、大人と呼ばれる多くの社会人でさえお金に関して多くのトラブルを抱えています。

今回上げたリボ払いや住宅ローン破綻はこの一例にすぎず、これからも次々と新たなトラブルは発生することでしょう。

金融教育は国にはまだまだ期待できませんが、私たち大人がまず積極的にお金の勉強をして、子供たちに伝えてあげたいものです。

お金に関して悩まない未来を導いてあげるのは、大事な大人の役目なのでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング