こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




60代の平均貯金額が驚愕の結果…。若いうちから危機感を持っておこう。

突然ですがクイズです。

60歳の平均貯金額は3000万円ですが、全国の60代の「現在の貯金学」について、一番多かった回答は次のうちどれでしょうか?お答え下さい。

  1. 100万円以下
  2. 100万円~500万円以下
  3. 500万円~1000万円以下
  4. 1000万円~2000万円以下
  5. 2000万円~3000万円以下
  6. 3000万円以上

 

シンキングタイム、スタート!

æ¾éå±ãããã¥ã¼ã¹ãä¼ãã女æ§ã¢ãã¦ã³ãµã¼

答えは何番でしょうか?

タイムアップ!

では、正解の表示です。

  1. 100万円以下…27.4%
  2. 100万円~500万円…21.3%
  3. 500万円~1000万円…15.1%
  4. 1000万円~2000万円…13.4%
  5. 2000万円~3000万円…7.5%
  6. 3000万円以上…15.3%

 17%と最も少数派だったみなさん、おめでとうございます!

 

60代の半数近くは貯金額が500万円以下である残酷な事実

日本ワークスが60代の男女およそ1000人に対して行ったアンケートによると、半数近くの貯金が500万円にも満たず、また27%が100万円以下の貯金であることがわかりました。

また同記事で貯金と自宅以外の資産も58%が500万円以下であると回答しています。

f:id:fereshte:20190909002343p:plain

www.nworks.co.jp

金融庁のレポートにおいては、老後の平均支出額に対して年金だけでは5万円不足、寿命を全うするまでは2000万円不足することが知られています。

↓リンク先、金融庁の「高齢者における資産形成・管理」レポート

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

あくまでこのレポートは平均支出と年金を比較して5万円不足すると述べている物なので、参考のひとつにしか過ぎません。しかし、2000万円どころかほとんどの老後世帯が500万円の貯金すらない現状は、驚愕といえるのではないでしょうか。

 

高齢になって働くことはリスクが高い

現在60代で500万円の貯金も無い老後世帯が、70歳、80歳と年を重ねていくに当たりどう生活をしていくのでしょうか?

もちろん、体が動くうちは働いて稼ぐのもいいかもしれません。しかし当然のことながら、70歳になって元気に働ける保障はありませんし、給与そのものもどんどん下がっていきます。

たとえ70歳で元気だったとはいえ、もちろん給与水準は大きく下がります。

70歳の「平均年収」は300万円弱と言われています。

 

お、結構何とかなるじゃんと思いましたか?

そんなあなた、ホットケーキにメープルシロップとカスタードクリームつけるくらい激甘ちゃんです。

しかし現実は残酷です。これはあくまで「平均年収」であり、上位陣が平均値を大きく上げているに過ぎないためです。

医師、薬剤師、税理士など資格を持つ人が500万円を超える年収を得ている一方で、非常に低賃金の職業も多数あるわけです。

  • ホームヘルパー…156万円
  • スーパーのレジ打ち…159万円
  • ビル清掃員・警備員…213万円

他にも様々ありますが、年収250万円を超えることは少ないでしょう。

年収250万円の手取りはおよそ200万円、月で割ると16万円程度です。

さぁ、まとめてみましょう。

70歳で元気に働けて月に16万円で生活する。

これ、無茶苦茶リスクのある生活じゃないですか?

 

では貯金の無い高齢者はどうすればいいでしょうか?

この問いに対する私の答えは一つです。

可能な限り働いて、出来るだけ節約して、ギリギリに生きてください。

 高齢者は「いのちだいじに」戦略で。

www.smallbird.work

 

若いうちに行動するのみ

貯金のない老後を送らないようにするためには、若いときに資産形成をするほかにありません。

  • 年収の高い職業に就く
  • 支出を抑える生活を身につける
  • 投資をして不労所得を増やす

この3つを可能な限り学んでおくことが必要になるでしょう。

 しかし、現在の20代の労働者に至っては、既に年金生活の水準以下の生活を送っているのが現状です。

www.smallbird.work

そのため若いうちから給与・貯金以外での行動を始めるのはもはや必須といえるかと思います。

 副業を始めておくのもいいでしょう。

www.smallbird.work

 

 ふるさと納税をして節税と節約を行うのも良いでしょう。

www.smallbird.work

 

 たとえ少額でも株式投資をしておけば所得は増えます。

www.smallbird.work

60代の半数は老後の生活を送るための貯金が足りず、以降の生活も厳しくなることが予想されます。

しかし、将来的には更に年金を始めとした国からの保障はさらに薄くなることが容易に予測できます。今の若年層は早々に行動を始めなければ将来は更に厳しい生活が待ち受けています。

 

60代、70代になって少しでもお金に困らない生活を送るために、今すぐにでも行動を始めるべきではないでしょうか。

 

今日が一番若いとき。お金については今すぐにでも考えたほうがいいぞな(*´ω`*)♪
今後も応援よろしくお願いいたしますぞな~。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング