ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

NHKの衛星契約に要注意!強制契約?解約できない?もはやヤクザじゃないですか…。

消費税増税にあたって生活必需品には軽減税率を導入するらしいが、それよりNHKの受信料をなくしてくれた方がよほど助かるってもんだぞい…

 

NHK様に上納金を支払いました

さて、こちらをご覧ください。6月の我が家の家計簿です。

f:id:fereshte:20190713093147p:plain

眺めていくと、「通信料:30000円」とあります。

スマホの通信料+ネット代は5000円です。

残りの25000円は天下のNHKに上納した金額です。

子供が生まれてから、Eテレには大変お世話になっています。

どれも子供たちに愛される番組です。それらの番組をタダで見るわけにはいかないので、NHKの地上波放送の代金はしっかり払っていました。

今回支払う羽目になったのは、衛星契約料金です。

f:id:fereshte:20190713002932p:plain

地上放送が年間14000円に対し、衛星放送はなんと年間25000円です

NHKだけで月に2000円も固定費が増加することになるのです。

しかも衛星契約料金を払ったことでこれで見れるようになるのはNHKBS放送のみ。

せっかく節約に励んできたのに、一気にパーだぞい…(´・ω・)

他の有料放送と比べても割高すぎるNHKBS放送

参考までに、他の有料放送をご紹介。

Netflix

ããããããªãã¯ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

アメリカを代表する動画配信サービスで、月額800円で動画、映画、ドラマが見放題です。

オリジナルコンテンツも人気で、その会員数は全世界で1億人だそう。日本のコンテンツは少ないながらも、その良質で圧倒的なコンテンツで続々と会員数を伸ばし続けています。

ダウンロードもし放題なので、いつでもどこでも見ることができるのも強みです。

 

hulu

ãHuluãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

月額は933円で、5万本以上のコンテンツを持っています。元々はアメリカの動画配信サービスだったので、アメリカのコンテンツの充実はもちろんですが、現在は日本の子会社が運営しているため、日テレのドラマの見逃し配信などにも対応しています。

ダウンロードは制限があるものの、オフライン環境でダウンロードした動画を見ることも可能です。

 

Amazonプライムビデオ

ãã¢ãã¾ã³ãã©ã¤ã ãããªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Amazonプライム会員になることでついてくるサービスです。Amazonプライム会員は年額3900円、プライムビデオ単体なら月額400円です。

コンテンツ数は3万と他に比べれば少ないですが、他に様々なサービスを受けられるAmazonプライムと一緒についてくるので十分すぎるでしょう。

こちらもダウンロード対応で、オフライン環境でも見ることができます。

 

NHK BS放送

ãNHKBSãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そして本命のNHK様のご紹介です。

BSアンテナが設置されていることで強制的に加入になるサービスです。年間約24000円、月額換算で2000円です。他の動画配信サービスの料金の2倍以上ですが、別に海外ドラマや映画が自由に見れるわけではありません。

もちろんダウンロードも対応していないため、テレビが無いと見ることができません。

見逃した番組はNHKオンデマンドで見ましょう。月額972円がさらにかかりますが。

 

衛星契約は強制契約!回避不可能!解約不能

そんなゴミNHK様の衛星契約をどうして結ぶ羽目になったのでしょうか。

きっかけは今年4月から新居に引っ越したことに起因します。

 

新居である現マンションにはBSアンテナというやつが設置されています。

ãBSã¢ã³ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こういうやつ。消えてなくなれ

 

今まで住んできたマンションには設置されていなかったので意識したことがありませんでした。そのため新居に引っ越してきたときも全くのノーマークです。

引っ越して1か月した5月のある日、NHKの集金がやってきました。「ちゃんと契約料払ってるぜー」と意気揚々と応対するわたし。

そしてこれが致命傷となりました。

f:id:fereshte:20190713232153p:plain


BSアンテナが立っているマンションはすべての居住者が衛星契約を結ばなければいけないと契約内容を説明されました。

契約は義務です。決して逃げることはできません。

その場でテレビを投げ捨ててやろうかとも思いましたが、流石にそこまで大人げない対応をするわけにはいかず…。

結局6月になって25000円がしっかり引き落とされていました。そして今に至るまで一度もBS放送を見たことはありません。

 金をどぶに捨てています(´・ω・)

少しでも無駄な出費を削りたいのに…

スマホ使用料や、クレジット決済の利用、保険の見直しなど様々な出費を見直してきたのに、ここにきて壮大な無駄が発生しました。

使わないものには一切お金は払いたくありませんが、NHKは法律という強制力を盾にして契約をさせてきます。

そうして徴収されたお金は平均年収1000万円越えと言われるNHK職員の懐に入っていくのでしょう…

年間25000円節約するのがどんなに大変だと思ってるのじゃよ…。同情するならポチリをおくれ(´・ω・)

 


米国株ランキング

 

 

スポンサーリンク