ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

リストラの方がまだマシ!?滅茶苦茶えぐい損保ジャパンの人員削減スキーム

今日もお仕事がんばるぞい…ファッ!?明日から介護職!?

損保ジャパンがえぐい方法で4000人をリストラ!

損保ジャパンが従業員を4000人減らすことを発表しました。

www.jiji.com

大手企業の人員削減は富士通や大手銀行をはじめ、40代から50代を対象としたリストラが最近では多く話題になっています。

大企業のリストラ状況のお話。

www.smallbird.work

 

今回、損保ジャパンは非常にえぐい方法で人員削減を行いました。まだ素直に退職勧告をされたマシだというレベルです。

終身雇用が終わりを告げようとする昨今で、リストラは他人事ではありません。そしてそのリストラも手を変え品を変え我々に襲い掛かります。

こちらの話を聞いて、あなたはどうしますか?

 

このリストラのための下準備を始めていた?

最初のきっかけはこちらの話です。

zuuonline.com

損保ジャパンが高齢化に伴う、介護業界への本格参入のため、赤字経営で苦戦していたワタミから介護事業を200億円で買収しました。

このニュース自体は別段目新しいことではなく、

ほーん、そうなのね(ホジホジ)と生暖かい目で見守られていました。

しかし我々は、この時損保ジャパンの真の狙いに気づかなかったのである…。

 

希望退職など選択にない無慈悲な決定

損保ジャパンの人員削減の発表を簡潔にまとめると以下の通りです。

今後はITをさらにを活用し、業務の効率化を進める方針です。そのため、グループ全体の15%を対象とした4000人に対し介護などを手掛けるグループ企業に配置転換をすると発表しました。また、希望退職者は募集しない方針です。

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

人員削減のため、介護職に配置転換をすると発表したのです。

希望退職なんて甘いことも許されません。

 

介護職に異動させる=辞めるはマズいんじゃないですかね…

 

何故損保ジャパンはこんな回りくどいリストラを行ったのか

この人員削減で損保ジャパンが得る最大のメリットは、

自己都合退職になるため、退職金が減らせる

という点です。

退職金は義務ではありませんが、大方の会社には制度として導入されています。そして一般的に会社都合で退職させるときは割増した退職金を払わねばなりません。

これまでは割増した退職金をちらつかせて早期退職者を募集する方法が取られてきましたが、損保ジャパンは介護職に異動させることで退職金を抑える手法を使いました。

仮に払わなければいけない退職金が一人当たり1000万円減れば、合計で400億円の削減効果が期待できます。

先に出たワタミの介護は200億円で買収したので、なんと差し引き200億円の利益が出ることになるのです。

また、異動命令は通常の業務の範囲内だと従うことが義務となっています。異動を拒否すると懲戒解雇になり、それが妥当だという判例も出ています。

天才、いや天災じゃな…

www.smallbird.work

 

これからもリストラは続く、自分を磨こう!

f:id:fereshte:20190628234721p:plain

年功序列の日本社会では高齢になるに従い人件費は高くなります。また、定年になると多くの退職金を払わねばなりません。

すなわち、今回の退職のターゲットとして考えられるのは会社にいらないと判断されたオジサン達であることが予測されます。

あなたの会社にいるオジサンはどういった存在でしょうか?

高い給料に見合ったスキルを持ったオジサン達ばかりでしょうか?

少なからず、給料に見合っていない働きをするオジサンはいると思います。

人件費の増大は企業にとって大きな負担ですが、終身雇用を謳う日本企業では簡単にリストラは出来る環境ではありませんでした。

しかし、終身雇用が崩壊したと囁かれる昨今において、定年間近の中高年はリストラの格好のターゲットになっています。

20代、30代の方も今は若いかもしれませんが、明日は我が身。

これまで以上に自分のスキルを磨き続け、オジサンになっても生き残りをかける社会になっていくでしょう。

わたしは投資だけはしておくけどのー・。ただただ何もできないオジサンになってポチるのは非常にマズいぞなー(´・ω・)

 


米国株ランキング