ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

またしてもアルトリア暴落!なんでアルトリアすぐ死んでしまうん?

タバコ株はたびたび本当によく下げるのう。ひょっとしたら保持するの危ないのかの…?

 

ãå¢ ããªã¼ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

せつこ、それドロップやない、おはじけや!(株価が)

アルトリア大暴落、再び

たばこ販売をしているアルトリア【MO】が大幅に値下げしました。

前日比-4.49%と大幅下落です。

f:id:fereshte:20190622075333p:plain

3月には評価損益20%に近かったアルトリアたんも、既に3%を切りました。

暴落の原因は、電子タバコにあり

暴落の原因は、電子タバコのJuulの承認に関して元FDA長官だったスコット・ゴットリーブ氏が「Juulは自社の製品を承認するのに苦労するだろう」と難色を示したことにあります。

原因はもみあげさんが教えてくれました。

現地アメリカからの情報提供、大変にありがたいです。

https://t.co/Hkl6H3sthT

 

電子タバコ、Juulとは?

Juulはアメリカの電子タバコ市場の75%を占める人気商品です。

下図の赤いバーがJuulの売上高ですが大きく伸ばしていることがわかります。

f:id:fereshte:20190622080848p:plain

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180611-00086347/より引用

ほぼ一人勝ち状態じゃな…(´・ω・)

 

アルトリアグループは昨年Juulに120億ドルという大規模な投資を行い、35%の株式を保有しています。苦戦するタバコ業界においてJuulは非常に大きなウェイトを占めていました。

それが今回元FDA長官が承認に難色を示したことから市場はタバコのリスクを嫌い株価が急落したと思われます。

 

サンフランシスコの電子タバコの販売禁止の可決も逆風に?

さらに前日の6月20日サンフランシスコにおいて、食品医薬品局(FDA)が健康への影響調査をしていない電子タバコの販売を一時停止する条例案を、全会一致で承認しました。このままだとサンフランシスコ市内での電子タバコの販売は一切禁止となります。

FDAはJuulに対して厳しい姿勢を示しています。Juulは電子タバコは従来のタバコより健康的であるとして販売しており、未成年者の販売も十分に対策していると述べています。

それにもかかわらず、米国疾病管理予防センターは全米の高校生の2割以上が電子タバコ製品を利用していたとの報告を公表しています。FDAのJuulに対する姿勢はこれからも厳しいものが予想されるでしょう。

 

株主としてアルトリアの保持は続けます

ãMO ã¢ã«ããªã¢ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そんな厳しい立場のアルトリアですが、株主の立場から言えば引き続き保有を続けます。依然としてアルトリアは高い参入障壁と配当性向、営業利益率を誇るためです。

長期保有をモットーとするわたしの投資において、株式を手放す一番大きな理由は企業が倒産の危機に瀕している時のみです。

とはいえアルトリアを始めとしたタバコ株は訴訟や政治のリスクにさらされ続けています。そんなタバコ株を配当性向がいいからと複数持つのは分散投資の意味からおススメはできません。

タバコ株は大きな成長は見込めないけど、安定した配当は魅力的よね。ポートフォリオに一つくらい組み込んでいても罰は当たらないよの(*´ω`*)

アルトリアの暴落を買い時だと突っ込める投資家はポチっ。

 


米国株ランキング