こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




広がる経済格差…あなたはどちらの道を選ぶ?

ごきげんよう、ことりです。

ごきげんよう、こトリさんだぞい(*´ω`*)

 ãããªã¼ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

広がる経済格差…あなたの進む道はどちら?

世界の経済格差は広がるばかりです。

富裕層は着実に資産を増やし続け、経済的格差を広げ続けています。

しかし資本主義の中では当然の流れで、決して止められません。

 

取るべき道は二つあります。

一つは、格差が広がることを嘆きながら働き続けること。

もう一つは、自らが富裕層になり資本主義の恩恵を受けること。

 

あなたはどちらの道を歩むでしょうか?

経済格差大国、アメリ

米国は経済格差が大きいことで知られています。

いくつかその最たる例を挙げると、

  • 上位1%の資産は下位99%の資産を上回る
  • 上位10%で全米の資産7割を占めている
  • 米国の半分は年収300万円以下である。

などが挙げられます。

 

世界一の経済大国である米国ですが、

大都市のニューヨークでさえホームレスは非常に多いです。

東京に比べニューヨークのホームレスは30倍いるそうです。

 

当然、この格差は社会問題として提起されているのですが、

むしろ格差は年々広がるばかりのようです。

 

日本も経済格差は広がっている!

この格差は日本でも人ごとではなく、

特にアベノミクス以降の経済格差は顕著に広がっています。

f:id:fereshte:20190521074937j:image

とはいえ、格差を政治のせいにするのは無意味なことです。

 

それは、歴史上的にも資本主義政策である以上、

資産運用から得る利益は、所得を上回り続けるようになっているからです。

 

お金持ちには決して追いつくことはできぬのじゃな…(´・ω・`)

 

資産運用から得る利益をr(リターン)、

働いて得る所得の伸び率はg(グロース)であらわされ、

この二つの関係性は常にr>gとなっているのです。

 

これが、かの有名なピケティの資本論です。

 この状態が成り立つ限り、格差は広がり続けるのです。

 


まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」 (まんがでわかるシリーズ)

 

富裕層になるための知識=お金の知識

富裕層になるためにはお金の知識が必須です。

しかし、このお金の知識を得るための教育はされていません。

 

www.smallbird.work

 

 

富裕層ではないほとんどの人は会社に勤め、貯金をします。

そして、そのお金でマイホームやマイカーなどの負債を買います。

 

逆に富裕層は負債にお金をかけません。

不動産や株など資産を買います。

 

負債であるマイホームやマイカーは、時間とともに価値が下がり続けます。

よほどの例外を除いて価値が上がることはありません。

 

逆に不動産や株式は価値が上がり富をもたらします。

富裕層はこうして得た利益でさらにその資産を増やし続けます。

 

こうして広がり続ける格差を食い止めることは、

非常に難しい、もしくは不可能でしょう。

 

格差は広がり続ける。ではやるべきことは?

ではどうすればよいのか。

答えは簡単です。資産(米国株)を買えばいいのです。

やっぱりいつもの米国株投資じゃったな(*´ω`*)

www.smallbird.work

 

経済格差はこの先どんどんと広がっていきます。

もちろん資本主義である日本も例外ではありません。

 

そして、格差は無くなりません。

あなたがこの先進む道は二つあります。

このまま労働者で富裕層との格差を嘆き続けるか、

富裕層になるために資産を買うことか、どちらかの道だけなのです。

 

 今すぐ投資を始めること、たったそれだけで

上位数%の経済格差の恩恵を受けることができるのです。

www.smallbird.work

 

おれは貧乏をやめるぞ、ジョジョッー!って人はポチってね(*´ω`*)


米国株ランキング


子育てパパランキング