ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

まだ東京で消耗してるよ?

ごきげんよう、ことりです。

ごきげんよう、こトリさんだぞい。え?何かのタイトルを連想させる?気のせいじゃないかの?

ãæºå¡é»è»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ブログが書けなくなったわたし

この度、椎間板ヘルニアになりました。

 

朝はしばらくしないと痛みで立つことすらできず、

椅子には激痛で座ることもままなりません。

時には痛みで眠れない日もありました。

 

痛みがひどく集中できないため、

ブログを書くことが非常に困難でした。

 

そしてその中で、椎間板ヘルニアになって感じたこと。

それはサラリーマンを辞めて独立するのは、非常にリスクがあるということです。

 

消耗し続けるサラリーマンことり

昨今は副業がよく話題に挙げられます。

その中には景気のいい話もあるようで、

  • どん底から脱出!今では月収100万円を稼いでいます!
  • 副業の収入が本業を超えたので独立しました!
  • まだ社畜で消耗してるの?フリーは最高だよ!

サラリーマンなんて辞めて、独立して自由と高収入を得ようぜ!

といった話題を多く耳にします。

 

もちろん、独立した方は成功するためには相当の努力をして、

その成果ゆえに言っているのだと思います。

自由や収入を目的に独立すること、それ自体には反対はしません。

 

しかし自由や高収入を得るために、

サラリーマンを辞めてフリーで働くのが一番いい!

と安易に勧めるのは非常にリスクのある問題だと痛感します。

 

終焉を迎えつつある終身雇用

終身雇用制度が終わりを告げようとする中、

強固であったサラリーマンの立場も決して盤石ではない時代になりました。

www.smallbird.work

それゆえに独立して自分の力で稼ぐことは非常に重要視されますし、

わたしもそれに関しては大いに賛成です。

 

しかし、独立することはサラリーマン以上に怪我や病気のリスクが高いです。

それゆえに安易にサラリーマンを辞めて独立するというのは危険です。

 

サラリーマンはたとえ怪我をして働けなくなったり、

失業したとしても社会保障があります。

社会や会社が責任を持ってくれるのです。

 

しかし、独立すると責任を取るのは自分です。

自分で稼がなければ、生きていくことはできません。

 

わたしは、椎間板ヘルニアになってからというものの、

働くことは健康がまず大事であるということを痛感しています。

 

もしわたしが独立していたら全く仕事にはならず、

それこそ一家離散になるかもしれませんでした。

 

終身雇用が終わりを迎える令和の時代において、

サラリーマンの収入だけで生計を立てるのはこの先は非常に危険です。

しかし、独立したとしても変わらないリスクを含んでいます。

 

結局のところどちらかのみで収入を依存するのは、

同様のリスクを孕んでいることは忘れずにおきたいものです。

 

責任を取るのは自分自身

追い込まれないと本気にならないから、

まず会社を辞めて死ぬ気でフリーになれ!と煽る方もいます。

 

しかし、本当に死にそうになっても責任を取るのは自分自身です。

そう簡単に誰も助けてはくれません。

 

サラリーマンが取るべき行動

最善の方法はサラリーマンが副業をやり、さらに投資をして配当を得る。

こうして少しずつの収入の柱を増やしておくのが、最も安全であると考えます。

www.smallbird.work

収入の柱を増やしておくことでリスクを分散する。

株式の分散投資と同じことが言えると思いませんか?

ちょっと強引なこじつけじゃないかのう(*´ω`*)

 

まとめ

独立することもやはりリスクがあることを念頭に置き、

サラリーマンを辞めることはよく考えて決めましょう。

 

たとえ社畜だとしても、サラリーマンは法的には守られています。

独立した時の怪我や病気のリスクはサラリーマン以上に大きなものです。

ちゃんと熟考したうえで決断しましょう。

 

しかし、実際はその線引きが難しいんでしょうけどね…。

 

まだ消耗しててもいいかなと思えばポチるがよいぞ(*´ω`*)

 


子育てパパランキング


米国株ランキング

 


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

独立の重要性を知りたいならこれを読もうの(*´ω`*)