こトリさんが!米国株投資で借金家族を助けたい!

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

ーおすすめ記事ー




邦銀格下げの理由は不動産投資…ん?

ごきげんよう、ことりです。

ごきげんよう、こトリさんだぞい(*´ω`*)

 

 

日本の銀行が格下げに?その要因とは…。

格付け会社ムーディーズが邦銀の格下げを示唆しました。

格付け会社ムーディーズ・ジャパンは16日、日本国内の銀行システムの格付け見通しを「安定的」から、格下げの可能性がある「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。日銀の大規模金融緩和で収益力が落ち込んでいるため。最大のリスク要因として、3大銀は海外向け、地方銀行は不動産向けの融資を挙げた。

日経新聞オンラインより引用

 地銀の不動産向け融資…ん?

 

 …ハッ!

 

スルガ銀行…!!

ãæ°ã¥ãã ããªã¼ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

不正融資が多数発覚していたスルガ銀行静岡県沼津市)は15日の決算会見で、資料改ざんなどの不正やその疑いがある融資額が約1兆700億円に上り、不動産投資向け融資全体の6割を占めるとの調査結果を発表した。新たな事業構築に向け、新生銀行や家電量販大手ノジマと業務提携を検討することで基本合意したことも明らかにした。

 スルガ銀は昨年10月に金融庁から6カ月間の業務停止命令を受けた後、1・8兆円ある不動産投資向け融資すべてを調べていた。対象はシェアハウスや中古1棟マンションなどへの融資約3万8千件。昨年10月時点では書類改ざんなどの不正が1500件超あるとしたが、融資額は明かしていなかった。

朝日新聞デジタルより引用

スルガ銀行といえば不動産投資家の間では、

どんな顧客にも融資を出してくれるリーサルウェポン

と揶揄される乱発融資をしていた銀行です。

 

しかし2018年初頭、かぼちゃの馬車事件をきっかけに

スルガ銀行の不正融資の実態が徐々に明らかになりました。

 ããã¼ã¡ã ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

かぼちゃの馬車事件について3行でまとめると

その後スルガ銀行以外にも銀行の不正融資が発覚し、

結果としてスルガ銀行には業務停止命令。

また、銀行の不動産融資が引き締められる結果になりました。

 

<pclass="r-fuki kotorisan">スルガがやり玉にあげられるけど、きっと他も同じような感じでやってるのよねえ(*´ω`*)

逆境に立たされる不動産業界

これ以外にも不動産に関する悪いニュースはあとを絶たず、

  • TATERUの顧客の預金改竄による不正融資
  • レオパレスのサブリース問題、違法建築問題
  • 住宅ローンを利用した違法不動産投資

と枚挙にいとまがありません。

 

不動産と銀行融資は切っても切り離せない関係です。

不動産業界がこうして不透明な状況が続いている以上、

融資を行う銀行の信頼性が損なわれるのは当然でしょう。

 

株式投資家として見た関連株式

スルガ銀行TATERUレオパレスも株価は底を走っています。

f:id:fereshte:20190518004352p:plain

 

f:id:fereshte:20190518011501p:plain

 

f:id:fereshte:20190518011557p:plain

 

投資家としてこれらを割安株として買うかと言われれば、答えはNoです。

そもそも株式投資の基本は割安な株を買うことでなく、

「成長を期待できる企業に投資すること」

だからです。

 

信頼を失った企業に投資するお金はありません。

もしこれらの投資するのであれば、

企業が信頼を回復してから買っても遅くはないのです。

 

まとめ

  • 銀行格付けに影響されるくらい不動産への融資は問題とされる。
  • 企業自体に問題があるために株価が下がっている場合は買い時ではない。

地銀はもともと苦しい状況に立たされているといいますが、

この格付けに伴いさらに窮地に立たされるかもしれません。

 

そうした株を無理に買いに走るよりは、

安定の米国株投資を行うのがいいのではないかなあと思うところです。

www.smallbird.work

悲しみに暮れるスルガ銀行TATERUレオパレスホルダーはポチるが良い(*´ω`*)

 


米国株ランキング


子育てパパランキング

 


めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った 恐る恐るの不動産投資

まりおさんの不動産奮闘記は面白いぞい(*´ω`*)