ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

家計簿はこれだけやっておけば問題なし!

ごきげんよう、ことりです。

 

皆さん、お金は好きですか?

わたしは大好きです。

いきなりゲスい宣言じゃなあ( ˘ω˘ )

 

そんなみんな大好き私も大好きなお金なのですが、

ではお金を貯めるためにまず始めるべきことはなんでしょうか?

 

まず、お金持ちになるためには投資をするべきです。

投資をしないで会社からの収入からお金持ちになるのは、

あまり現実的ではありません。

www.smallbird.work

 

投資をするには資金が必要です。

そして、資金を貯めるには副業をするのが有効です。

 

www.smallbird.work

 

しかしまずまずやらなければいけないことは、

投資でも副業でもありません。

支出の把握です。

 

支出の把握には家計簿をつけるのが一番です。

家計簿は面倒なイメージもありますが、

ポイントを押さえて頑張ってみましょう。

さあ、みんなもレッツトライ☆

 

f:id:fereshte:20190517215911p:plain

 

家計簿は支出を把握するのにとても大事。

お金をお風呂に例えると、

収入は貯まっていく水の量、

それに対して支出は出ていく水の量です。


いくら入る水の量が多かったとしても、

お風呂に穴が開いていたら、

無計画にざばざば使っていたら、

いつまでも快適お風呂ライフは過ごせません。

 

実は高年収ではあっても支出を把握していないがために、

無駄遣いが多くお金に余裕がない家庭は珍しくありません。

 

一般的な平均年収は400万程度と言われています。

生活を続けるうえでは十分な収入です。

しかし、それより年収が高い人は常にお金があると安心して

自分の支出を把握していないケースは多々あります。

 

お金持ちは無駄なものにお金を使いません。

かの名著、「となりの億万長者」では

蓄財優等生は蓄財劣等生に比べて

  • ぜいたく品にお金を使わない
  • 車にお金を使わない
  • 無駄なものを買わない

とにかく倹約に勤めています。

 


となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

これは良書でした。

読んで損のない一冊です。 

 

支出を把握し、倹約に勤め、資金を捻出して投資する。

それがお金持ちへのスタートなのです。

 

家計簿の付け方のポイント

では実際に家計簿をつけてみましょう。

とはいえ、細かくつけてしまうと家計簿は苦痛になるので、

次の3つのキーワードを考えましょう。

  • 期間は1か月でOK!
  • 大雑把にやろう!端数は気にしない。
  • 固定費と流動費に分ける!

 

つけるべき支出は以下のものをつけましょう。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 交通費(車にかかるお金含む)
  • 保険
  • 通信費
  • 趣味
  • 交際費
  • 食費、日用品

 

このくらいざっくりで大丈夫です。

特に、四大固定費と言われる

  • 家賃
  • 保険
  • 交通費(というか)マイカ
  • 通信費

は見直しの効果が高いです。

そのため、必ず記録しましょう。

 

逆につけるべき記録ですが、

あまり気にしなくていいのは

  • 光熱費
  • 交際費
  • 趣味
  • 食費、日用品

これらの見直しは固定費が終わってからです。

 

家計簿を二つのグループに分けたのは、

  • 前者は削減効果が大きく、生活の質に関わらないもの
  • 後者は削減効果が小さく、削減するとストレスになるもの

だからです。

 

特に食費をあまりにも節約して、

毎日モヤシ炒めを食べていると節約が苦痛になる上に、

お金より大事な健康を失うことになります。

www.smallbird.work

 

わたしはお肉の無い生活は考えられないわ(*´ω`*)

家計簿をつけたら見直しをする。

家計簿が完成したら、次は見直しです。

  • 家賃
  • 保険
  • 交通費(というか)マイカ
  • 通信費

の見直しについて簡単に書いておきます。

 

家賃

生活費の中で最も大きいのはこの家賃です。

 

  • 親と同居する、社宅に住む
  • 同じ家を借りるにも相見積もりを取る
  • 買うのなら住宅ローンの負担はできるだけ減らす

などで効果が高く、自分が納得できる方法を選びましょう。

 

保険

基本的に保険は不要です。

保険は、入ってないと破産する場合にだけ検討しましょう。

 

www.smallbird.work

  • 家に対しての火災保険
  • 家族に対しての掛け捨ての生命保険
  • 対人事故のための自動車保険

これで十分です。

 

 

交通費

わたしは車は持っていませんが、

その必要性はほとんど感じられません。

 

新車を購入すれば数百万円かかります。

そして運転すればお金がかかる。

さらに維持するだけでお金がかかる。

とどめに止めるだけの場所にもお金がかかる。

これは貴族の持ち物なんだなとしか思えません。

 

車が必要であれば、

費用は最低限に抑えましょう。

 

場合によってはタクシーの方がよほど安く済むのですから。

 

通信費

格安SIMにしましょう。

月々2000円の支払いで、キャリアと変わらない使い勝手です。

www.smallbird.work

 

データ量の持ち越しや、楽天市場でポイント加算など、

キャリア以上にサービスが充実している場合も多々あります。

 

その他の出費について

四大固定費を見直してなお余裕があるのなら、

他の出費について見直すとよいのですが、

あまり節約をすると人生がわびしくなるので、

節約はほどほどにしましょう。

 

まとめ

  • 家計簿はざっくりでいいので一か月つけよう。
  • 四大固定費について見直そう。
  • あまり節約すると辛くなるのでほどほどに。

こうして資金が捻出出来たら、

投資を行えばいいと思います。

 

何からやればいいかわからなければ、

つみたてNISAについての勉強から始めましょう。

www.smallbird.work

 家計簿を投げ出したことがある人はポチるが良い。


米国株ランキング


子育てパパランキング

 

 


誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

お金の勉強はまず漫画からでもいいと思うぞい(*´ω`*)