ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

あなたの投資の出口はどこにある?

ごきげんよう、ことりです。

ごきげんよう、こトリさんだぞい(*´ω`*) 

 

わたしは資産形成に株式投資を勧めています。

特に、インデックス投資は初心者向けであるとお伝えしています。

 

 

www.smallbird.work

 

しかし、投資は時間をかけて行うものです。

そして数年でドカンと大きく儲けるものでは決してありません。

 

統計上で言えば、安定した資産形成には15年が必要であると言われています。

そのために、できるだけ早い段階で投資を始めるように勧めています。

www.smallbird.work

 

インデックス投資は市場に合わせて資産を増やしていく投資です。

その成長率は年率5%と言われています。

 

しかし、あくまで平均5%なのであって良い時もあれば悪い時ももちろんあります。

 

そして、株式投資は最終的に現金化しないと使えません。

もし悪い時に現金化せざるを得無くなれば、

必然的にパフォーマンスは落ち込むのです。

 

暴落はいつ起こるかわかりません。

暴落したとしても現金化しなければいけない時もあるかもしれません。

www.smallbird.work

 

長期で平均的に投資をするということは、

時間によりパフォーマンスの出来の増減幅を少なくして

リスクを下げるためなのです。

 

投資の出口を考えるときは、この増減幅のリスクを考えましょう。

 

投資戦略の出口は、人生のイベントと直結します。

私の場合、出口を2つ想定しています。

それは子供の大学進学と、老後です。

 

子供の大学進学の費用

子供が大学進学~卒業するまでの資金は以下のように想定しています。

  • 長男…14年後大学入学、18年後卒業
  • 次男…16年後大学入学、20年後卒業

1人が大学卒業するまでの目安は600万円。

2人で合計1200万円を想定しています。

 

14年後、実際に想定される資産額はいくらになるでしょうか?

以下の図より、一番近い15年経過時の運用益は2.8%~18.8%を適用します。

これに基づき算出した14年後の資産額は680万円~2600万円です。

よって経済状況が悪ければ、目標額に届かないことも想定しなければいけません。

 

しかし、経済状況が悪い時に資産を現金化するのは悪手です。

よって最悪の場合は生活防衛資金から資金を捻出できるような心構えも必要です。

 

老後は30年後を想定しています。

運用益は9.1%~13.5%を想定します。

これに基づく運用額は、6千万円~1億6千万円です。

 

年金は減っているでしょうが、老後には困らない額でしょう。

 

この14年後、30年後の長期出口戦略がとれるからこそ、

つみたて投資は最善策となります。

 

もし、5年後や10年後に出口戦略を取るのであれば、

相応のリスクは考えておきましょう。

 

資産が減っていることだって十分に考えられるのです。

 

投資は出口を考えることが重要です。

それは長期であればあるほど、リスクが少なくなるのです。

 

もし短い期間でのゴールで資産運用を行うのであれば、

債券などの安定資産をポートフォリオに組み込むことも考えましょう。

 

貯金や債券などの安定資産運用の方針に関しては下記もご参照くださ

www.smallbird.work

 

投資の出口が見つかったらポチるがよいよ(*´ω`*) 


米国株ランキング


子育てパパランキング

 https://twitter.com/smallbird_work