ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

投資を始めたあなたは上位数%の勝ち組です。

ごきげんよう、ことりです。

 

今回からTwitter宣伝隊長であるこトリさんも登場します。

今後ともよろしくの(*´ω`*)

 

勝ち組という言葉に対してどういった印象を抱くでしょうか?

幸せな家庭がある?

立派な会社に就職している?

人によって、「勝ち」の定義は様々です。

 

そのためこの問いに対し正解はないのですが、

答えのひとつとして身も蓋もないことを言ってしまうと、

「お金がいっぱいあること」でしょう。

本当に身もふたもないのう(´・ω・`)

 

 

今回は「お金がいっぱいあること=勝ち組」として定義し、

どうやったら「勝ち組になることが出来るか」を考えていきましょう。

 

 

「勝ち組」になるためにお金を稼ぎたい!

勝ち組になるためにお金をたくさん得るにはどうしたらよいのでしょうか?

その答えは株式投資であると思っています。

 

給与所得は累進課税であり、高収入ほど税金が非常に高くなります。

また、銀行貯金は資産運用としては失格です。

 

「高年収で貯金をいっぱい貯めて勝ち組になる」ことはもはや過去の話であり、

現代の給与事情や貯金事情で勝ち組になるのは難しいことでしょう。

 

www.smallbird.work

 

株式投資は誰にでも資産家になれる方法のひとつであり、

その敷居も非常に低いものになっています。

 

資産家になれる株式投資はマイノリティ!

しかし日本では株式投資自体がマイノリティであり、

「やっていない」ことが普通です。

 

日本人における投資人口の割合は、以下の通りです。

f:id:fereshte:20190427213321p:plain

個別株、投資信託、公社債の各保有している人の割合は上記の通りです。

また、いずれかを所有している人の割合は、18%です。

 

米国株はさらに低い0.14%だそうじゃよ(*´ω`*)

しかし、投資をやっていない多くの人は、

自分に投資は関係ないと思っているかもしれませんが、

実際に投資は非常に身近なものであるのです。

 

たとえば、保険は投資の代表格です。

 

投資をやっている人は少ない一方、保険加入率は90%であり、

保険に入れば社会人として一人前といった風潮もあるようです。

 

しかしその実、保険会社の運用は投資で成り立っています。

 

契約者から支払われたお金は投資によって運用されており、

その運用益が契約者の返戻金として、

または保険会社社員の給与として支払われています。

 

保険は無駄なものが非常に多いです。

しかし、多くの人は根拠のない不安と、金融知識の無さから、

保険に入れば安心という幻想のもとに保険にせっせと資金を捻出するのです。

www.smallbird.work

 

残念ながら、保険で資産を築くことはできません。

しかし、多くの人は漠然とした安心のため保険に加入するのです。

 

投資とは大半の人に関係のある話であり、

「私には投資は関係ないわ」というのは大きな間違いなのです。

 

それにもかかわらず投資をやっていない人は、

投資をギャンブルと一緒に考え自分のお金を減らす危険なものと考え、

「投資は危険なもの!」と拒否反応を示す人が殆どです。

 

そして、「皆がやっている」保険にせっせと月々お金を払い、

その結果「勝ち組」からはどんどん離れていくのです。

 

保険は保険、投資は投資で分けることが基本です。

資産形成をするなら、正しい「投資」を始めましょう。

 

投資はつみたてNISAからはじめよう!

つみたてNISAは以前にも紹介した通り、

  • 運用益が非課税
  • 運用できる商品は、優良商品が多い
  • 分散投資、長期投資、定期積立という非常に負けにくい投資を実行できる

と、非常にメリットの大きい制度なのです。

 

www.smallbird.work

つみたてNISA、はじめようぞい٩(ˊᗜˋ*)و

 

つみたてNISAをやらないことは、非常にもったいないことです。

しかし、つみたてNISAについて調査をした結果のアンケートは以下の通りです。

 

f:id:fereshte:20190427212818p:plain

 「つみたてNISA」という言葉自体の認知度が30%程度しかおらず、

また、実際につみたてNISAを行っている人に至っては割合はわずか1.5%です。

 

投資をやる人、やらない人で格差が広がっていく!

S&P500指数に連動しているインデックス投資や、

楽天VTI等の米国経済に由来する投資信託に投資するだけで、

20年後には1000万円近い運用益が得られることが、

過去50年以上のデータから予測されています。

 

投資を理解し、いまから始めた人は、

20年後に大きな差ができることは高い確率で予想されます。

 

しかし、投資をはじめなかった人は

20年後も全く増えない貯金があるのみです。

 

投資は時間を使って結果をだすものです。

気づいたときには既に時遅し、格差は大きく広がっています。

 

貯金をするだけではマズいなと思っている人は多いと思います。

なにせ、金利はつかないうえに、物価はどんどんあがるのですから。

 

しかし結局、お金に関する教育を受けていないので、

どうすればよいのかわからないということが、問題の根幹にあるのです。

 

そのため、投資に対して抱く印象は、

  • 投資は難しい
  • ギャンブルみたいで怖い
  • お金持ちがやるもの

といったもので、投資を避けてしまう人が多いようです。

しかし実際は、投資は非常に身近で誰でもできるものです。

 

投資は確かにリスクを伴います。

しかし、「投資」と「投機」の違いを理解し、

お金の知識をつけることで受けるリスクは減っていくのです。

 

しかしそのリスクを取ることでしか、

金銭的にゆとりのある生活を目指すのは難しいでしょう。 

 

まとめ

マネーリテラシーを身につけることができれば、

投資は自然に選択肢に上がってきます。

  • お金の勉強をする
  • お金を貯めれる体質になる
  • 投資を始める 

この行動をすることで、あなたは確実に「勝ち組」に近づいていくことでしょう。

 

お金の勉強をするには、本を読むのをお勧めします。

 


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 有名なベストセラーですね。

お金に困らない生活をするなら、まず常識を疑うことを教えてくれます。


となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

こちらも有名な本ですね。

億万長者は決して特別な存在でないことを教えてくれます。 

 


誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

 まさにタイトル通りです。

お金のことは誰も教えてくれないからみな困っているのです。

 


コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

 投資の基本的なことについて教えてくれます。

残念ながら投資先については教えてくれませんが、

投資の基本概念はこの一冊が教えてくれるでしょう。

 

年収で勝ち組負け組なんて決まらないと知っている人は押すが良い。


米国株ランキング

 

わたしのTwitterもよろしくの(*´ω`*)

https://twitter.com/smallbird_work