ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

キャッシュレス決済を利用しないのは損です。

ごきげんよう、ことりです。

 

消費税増税が目前に迫る中、

政府はキャッシュレス化を推し進めようと様々な政策を立てています。

 

しかし、日本は世界的に見てキャッシュレス後進国

経済産業省の出した各国比較は以下のとおりとなります。

f:id:fereshte:20190417234943p:plain

徐々に上がっているとはいえまだ20%程度。

日本は現金至上主義が根強く残っています。

 

何故キャッシュレス決済を利用しないのか?

キャッシュレス決済を利用しない最も多い理由が、

「ATMの利用で十分足りているから」だそうです。

 

以下は1ヶ月のATMの利用回数です。

f:id:fereshte:20190417235626p:plain

ソニー銀行プレスリリースより引用

 

6割程度の人が月に1~2回はATMを利用しているようです。

今はコンビニATMで簡単に利用できるからなおさら利便性が高いのでしょう。

 

しかし、キャッシュレス決済には、

  • 清算する時間が短い
  • 還元がある

といったメリットがあります。

 

逆に現金払いのメリットは、キャッシュレス決済非対応の店での支払いに使うくらいであり、

 

デメリットは、

  • 小銭を準備する時間がかかる
  • 還元が受けられない
  • 盗難、紛失の恐れがある
  • ATM手数料がかかる

と多く挙げられます。

 

よく、クレジットカード払いだと使い過ぎてしまうと言われますが、収入と支出をきちんと把握できている人であればデメリットになりえません。

 

金銭的にどれだけ損しているか、数字で考えることが大事

 

お金は数字で考えることが重要です。

 

では、具体的に日々の支払いをキャッシュレス決済にしていないと、どれくらい損しているかを考えてみましょう。

 

ほとんどの人は金額の大きな買い物をした時にクレジットカードを使うと思います。

 

では逆に、あまりクレジットカードを使わない場面はどこでしょうか?

 

それは、食費です。

 

いまはほとんどのコンビニ、スーパーでもキャッシュレス決済に対応しています。

 

たとえば、夫婦+子供2人の家庭である、

我が家の一ヶ月の食費は8万円です。

 

そして、ことりはこれをほとんど全て、クレジットカードで支払っています。

 

クレジットカード利用でポイントは1%なので、800ポイントつくことになります。

 

(注)現在、2%還元のKyashカードを試そうと申請中です。

もし、これを有効活用できるようになると、月1600ポイント還元されます。

 

たかがひと月800ポイント、年間10600ポイントと思われるかもしれません。

 

しかし、わずかのポイントであっても、

毎月積み重ねていけば大きな資産になります。

 

例えば、利回り5%の投資を30年行えば、

60万円以上の利益を得ることが出来ます。

 

f:id:fereshte:20190418001714p:plain

少額でもコツコツと積み重ねることにより、

未来には大きな資産となるのです。

 

まとめ

キャッシュレス決済による還元は、

微々たる物かもしれません。

 

しかし世界第3位の大富豪、

ウォーレン・バフェットのエピソードには、こんな逸話があります。

バフェットはエレベータの床に1セント硬貨が落ちているのを見つけ迷わず拾い上げました。乗り合わせた人たちは世界的富豪の行為に驚きましたが、バフェットはこう言いました。

「10億ドルへの第一歩さ」

 

お金持ちであるほど、

細かいお金まで気にします。

 

もし、経済的に豊かになりたいのであれば、

たとえささやかな積み重ねでも、

無駄にしてはいけないと思うのです。

 

 

スポンサーリンク