ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

がん保険不要論はもはや常識かな?

ごきげんよう、ことりです。

 

今回はがん保健が必要かどうか語っていきたいと思います。

マネーリテラシーが高い方にはもはや常識かもしれませんがお付き合いください。

 

がん保険は必要か?

結論から言うと、必要ありません。

理由としては

  • 二人に一人はガンになるのあおり文句は本気にしてはいけない
  • 社会保険が充実しているので、必要最低限を蓄えておけばよい
  • 結局費用がかかるのは「入院」より「通院」

の二点です。では説明していきます。

 

2人に一人はガンになるという誇大広告

下記は国立がん研究所のがん統計より抜粋です。

 

f:id:fereshte:20190407210400p:plain

 

男性が生涯でがんになる確率は62%、女性は47%です。

これを踏まえて、「二人に一人はガンになる」という広告を出しています。

 

もうちょっと細かく言いますと、

「死ぬまでにガンになる確率は2人に一人」ということを言っています。

 

さてことりは現在ピチピチの18歳30代の働き盛りです。

現在の年齢を仮に30歳として上記の例に照らし合わせると

  • 40歳でガンになる確率…0.6%
  • 50歳でガンになる確率…2%
  • 60歳でガンになる確率…7%
  • 70歳でガンになる確率…20%
  • 80歳でガンになる確率…41%
  • 生涯でガンになる確率…62%

 

ガン保険に入ってしまう理由とは?

ガン保険に入る理由をちゃんと考えて見ます。

○ガンになったらいっぱいお金がかかるから

×がん保険に入っていたらガンが治る

 

言われてみれば当然なのですが、そこはきっちり認識しましょう。

 

ガンになったらいっぱいお金がかかるから不安…

では実際にガンになったらいくらかかるのでしょうか?

いくらかかるか大体でいいから知っておきましょう。

 

さて、お金で考えるには数値で考えることが重要です。

まず実際にガンになったときに手術をするために入院するケースを考えてみましょう。

 

  • 入院期間…2ヶ月
  • 入院時食事…1日460円

ちなみに、平均入院日数は31.9日ですが、これは統合失調症等の超長期入院が平均を引き上げているためで、通常の病院であれば2週間が目安です。

 

その上で、入院期間2ヶ月は、かなり長く見た期間といえます。

 

さて、かかる費用のほうですが、一般的なサラリーマンであれば

  • 高額療養費制度
  • 休業補償給付金

の二つの制度の恩恵を受けます。

 高額療養費制度と休業補償給付金については下記も参考にどうぞ。

www.smallbird.work

 

高額療養費制度を利用すると、1ヶ月の医療費は約10万円です。

そのため、かかる費用は

10万×2ヶ月+460円×60日=227600円となります。

(高額療養費制度は食費と差額ベッド代は別となります)

 

そして、月給20万円のサラリーマンの休業補償給付金は、

20万円×2ヶ月×60%×(60日-3日)/60日=228000円となります。

 

つまり、入院医療費においては、サラリーマンはほぼお金は使わないのですね。

自営業の方は休業補償給付は得られないので、多少の貯蓄はしておきましょう。

 

 

ではがん保険にかかる費用は?

がん保険は各会社によって様々ですが、大きな差はないと考えます。

 

ここでは、

  • 30歳男性、終身保障
  • 入院一日5000円
  • ガンになったら50万円

の一番割安のプランで、月々1500円とします。年間は18000円です。

上記の「ガンになって2ヶ月間入院した場合」に出る保険金は

5000円×60+50万円=80万円ですね。

 

数値で比較するまとめ

さてここで金額をまとめると、

  • 40歳まで払い込む金額…18万円(ガンになる確率…0.6%)
  • 50歳まで払い込む金額…36万円(ガンになる確率…2%)
  • 60歳まで払い込む金額…54万円(ガンになる確率…7%)
  • 70歳まで払い込む金額…72万円(ガンになる確率…20%)
  • 80歳まで払い込む金額…90万円(ガンになる確率…41%)
  • 生涯でガンになる確率…62%

となるわけで、この結果より

「40歳でガンになる確率は0.6%で、もしなった場合は62万円得をする」

…略

「70歳でガンになる確率は20%で、もしなった場合は8万円得をする」

「80歳でガンになる確率は41%で、もしなったら10万円損をする」

「生涯ガンになる確率は62%なので、38%の確率で払った金額を損する」

ということになります。

 

まとめ

お金は感情よりも数値で考えることが重要です。

不安だから保険に入るのではなく、実際に数値を計算して判断しましょう。

  • 「二人に一人はガンになる」は事実ではあるが、内訳を知っておく。
  • 高額療養費制度と休業補償給付がある
  • がん保険で得するのは勝率20%程度の分の悪い賭け事だと考えてよい。

病気のために備えるのは保険ではなく、貯蓄です。

お金はきちんと数字で判断して、大事に使いましょう。

 

 

投資家はまず健康が第一だと思う人は押すが良い(*´ω`)


米国株ランキング

 


子育てパパランキング

 

 

 

 こトリさんがツイッターで宣伝活動を始めたようです。

https://twitter.com/smallbird_work