ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

マネーリテラシーのお話。

ごきげんよう、ことりです。

業界とは狭いもので、私のような末端の検査技師にも池江璃花子選手の入院先の情報が入ってきました。

 

遺伝子染色体検査室のある病院なので、早期に診断を確定、治療に入る姿勢が見てとれますね。

 

1.マネーリテラシーって何?

 

今回から、マネーリテラシー(もしくは金融リテラシー)のお話をします。

これはお金の知識を持ち、それを利用する力のこと。すなわち先日書いた、「稼ぐ、貯める、増やす」の総合力のことになります。

 

これは学校では教わらないし、社会に出ても縁がなければ一生学ぶことがない学問です。

 

しかし、お金を利用して物事をやりとりする私達には必要不可欠な話です。

 

マネーリテラシーは誰も教えてくれません。

自分で学ぶしかないのです。

これを学んでこなかった人は本来生活を豊かにするはずの味方であるお金を、生活が苦しくなる原因である敵だと考え、お金という敵を相手に四苦八苦し日々を生きているのです。

 

そしてもちろん、私もそのうちの1人でした。

まだ未熟な点は多々ありますが、自分なりに勉強してお金を味方につけるよう変えています。

 

 

2.勉強しなかったらどうなるのさ?

 

自分の未来を不安に思ったことはないでしょうか?

給料あがらないな、退職金でるかな、年金もらえるかな、老後は心配だな…。

 

これはあくまで私の予想ですが、30年後にはいわゆる下流老人、貧困老人がほとんどになり、若者はそんな老人たちを支えるために大量の税金を取られ、自分たちも下流老人、貧困老人になっていく負のスパイラルになると思っています。

f:id:fereshte:20190227114343p:image

 

マネーリテラシーいますぐ裕福になるものではありませんが、今のうちに身につけておくことで、その負のスパイラルに巻き込まれない様な武器や防具になってくれるはずです。

 

とはいえいきなり言われても実感はしにくいもの。なのでマネーリテラシーがある人と、ない人の違いを次回からざっくり紹介しようと思います。