ことりパパの育児とお金の話

ゆるゆる米国株投資とゆる育児(*'ω'*)

子供と習い事とお金の話。

ごきげんよう

首都圏でも大雪となった1日となりましたね。

大雪の中ムスコと歩き、彼は大喜びではしゃいでおりました。

「白い虫が降ってるみたいー」

ロマンティックなセリフをはいてくれるものですね。

 

今日はそんな雪の中、今月からスタートしたスイミングスクールに行ってきました。

 

 

子供と習い事は切っても切れない関係。

「月謝は高いのかな…」

「続けてくれるかしら…」

心配事は尽きません。

 

f:id:fereshte:20190227113403p:image

ちなみにムスコのスイミング費用は月7000円。

 

習い事はタダではありません。

でも、自分の子には習い事をさせたいもの。

でもそれが、自分の子の為にプラスになるのか?という心配はもちろんあると思います。

 

 

習い事は家計と相談

 

家計がギリギリなのに、無理して習い事の出費をする必要はありません。

習い事の出費が家計を圧迫し、家庭がギスギスしたら、全く意味がありません。

 

あくまで余裕がある範囲で、無理せずやらせてあげましょう。

 

 

習い事とは、

子供の選択肢を増やすこと。

 

とはいえ、習い事は大事です。

しかし、習い事が続けられるかどうかは問題ではありません。

習い事の意義とは、親が子供に選択肢を与えてあげることです。

子供が自分で選択できる年齢になるまでは親は習い事で選択肢を与え、子は自分がやりたいものをその中から選んでいけばいいのです。

 

たとえ子供がやめたいと言っても、それまでかけたお金は決して無駄ではなく、選択肢を与えるという投資だったと考えましょう。

 

子供が自分で選んだことは、彼らの武器となり防具となり、生きていく強さになるのです。

 

何を習わせるか。

それは親の価値観でいいと思います。

英語が武器になると思えば英会話。

体力つけるならダンスやスイミング。

ピアノや書道で感性を磨いてもいいでしょう。

 

ちなみに、我が家がスイミングを選んだ理由は「体力が有り余ってるから使ってこい」です。

 

参考になりますでしょうか、これ。

 

Kalita カリタ 陶器製ドリッパー 101-ロト ブラック 1~2杯用 #01005【単品ラッピング不可商品】

価格:648円
(2019/2/9 17:31時点)
感想(0件)